ありきたりな高校生の覚え書き

どこにでもいるような高校生が人生や社会について何か言っているようです。このブログを見ればあなたの未来が少しだけ明るくなるかも。

グローバルな世界で戦う若者に知っていてほしいこと。

内容としては、タイトルにある通りである。

グローバルな世界、もっと言えば、アメリカなどの欧米諸国で活躍したい君達に知っていてほしい。

海外の、いや、白人の思想についてだ。

二度の大戦を例にとって話していこうと思う。

 

 

第一次世界大戦は、民族間での争いだった。
そして、初の近代兵器の登場で、戦場は泥沼化し、死者は恐ろしい数になった。
槍や剣で戦っていた中世の時代は、あまり人が死ななかった事もあり、頻繁に戦争が起きたが、これからの戦争は恐ろしいものになると世に示した。
これは教科書に載っている内容だから、誰もが知っているだろう。
問題は死者や戦争の様子より、その背景にある。
皆が知っている通り、西洋人は開拓を行なってきた。
フロンティア精神と呼ぶのだろうか。ただ、実際は侵略だ。
彼らの思想はこうだ。


アングロサクソン人は先進的な民族で、他民族は我々より劣っている。侵略し、自分たちの社会に組み込む事で他民族を次のレベルへ押し上げる。」

これはボーイスカウトの本「Scouting For Boys」で読んだ内容を要約したものだ。
若干醜悪な訳になっているが、うろ覚えなので許してほしい。


皆はどう感じただろうか。少なからず私は衝撃を受けた。そしてボーイスカウトはなんと恐ろしい思想を共有しているのか、と思った。
ここはボーイスカウトについて語る場では無いのでこれ以上は言及しないが、白人的考え方は分かって頂けたと思う。
競技で負けたらルールを変える。自分の行為が許されないのなら、自分以外の思考を変える。そして自身の利益のためなら他人や他民族は顧みない。
日本人からしてみればあまりにも突拍子のないものばかりだ。

 

話を戻そう。
つまり、第一次世界大戦は、そういった思想が生んだものなのだ。
だから欧米諸国は植民地や奴隷を持っていた。
とはいえ日本も穢多非人というものがあったため、これを読んで西洋人のそれらを悪く言ったり否定するのはやめてほしい。
ただ、あそこまで大規模に、大胆に行なったのは西洋人しかいないし、他民族のいる自身の領有権を主張したのも西洋人しかいない。
結果、多くの摩擦を生み、宗教や民族がぶつかる世界大戦となったのだ。

 

そして第二次世界大戦
悪のヒトラーナチスドイツを作り、愚かな日本もそれに便乗して、正義のアメリカ率いる連合国と戦い、敗北した。
これは大体の教科書に載っている内容だ。
もし、これを読んでいる貴方が不快に思ったのならそれはいい事だ。
第二次世界大戦にも背景がある。

 

そもそも何故ナチスドイツなんてものが出来たのか。
時は1920年まで遡る。

第一次世界大戦の損害により戦勝国であれ疲弊しきっており、戦勝国敗戦国であるドイツに多額の賠償を求めた。これがヴェルサイユ条約だ。
支払いのため、ドイツは紙幣を増刷しスーパーインフレに陥る。
ドイツ経済は破綻し、ドイツ国内は不安に満ちていた。
この頃ある政権が民衆の支持を集めた。
名前は国家社会主義ドイツ労働者党、通称ナチスという。
ヒトラーという人物を代表とした政党だった。
1923年、ミュンヘン一揆が起こる。内容はこうだ。
ヴェルサイユ条約による多額の賠償金の支払いが遅れたとしてフランス軍がドイツのルール工業地帯を占領したのだ。
賠償金支払いが遅れているのは、ドイツが限界状態にあることを意味した。
フランス軍に対してドイツ政府は消極的な抵抗しかしなかった。
まるで顔色を伺っているようだった。
それに対してナチス党は猛反発。
中央政府を批判するとともにフランス軍に対する突撃兵を編成した。
結果的には一揆は失敗し、ヒトラーは牢に送られたのだが、民衆を代弁するようなヒトラーの行動は民衆の熱狂的な支持を集めた。
その後一度ナチス党は解散され、非合法化されたが、1924年ヒトラーは釈放され、その後も政府批判を続け、1932年の大統領選でヒトラーは当選することとなる。
ヒトラー内閣は軍拡を続け、ドイツの再興を目指した。
これがナチスドイツだ。

 

これを皆はどう見るだろうか。ドイツ国民は愚かだと思うだろうか。
だが考えてみてほしい。
生活を保証してくれるはずの自分の国が崩壊寸前で、その日の食にもありつけない状況を。
先進国だったはずの自国が奴隷に変わっていく様を。
ドイツ国民は不安だった。信じるものが欲しかった。
真っ暗闇の中で、まだこの世界は変えることができると、そう信じれるものが欲しかった。
そして、それに呼応するように現れたナチス党。
ドイツ国民は立ち上がった。ヒトラーと共に。

一方の日本はというと、アメリカに目の敵にされていた。

アメリカは太平洋側の市場の獲得のためにアジアの大国である日本を潰すために画策した。
国際世論や国内世論の支持を得るため日本側から宣戦布告させる必要があった。
そのためにABCD包囲網を代表とする経済封鎖を行い、ハルノートと呼ばれる不平等条約を日本に突きつけ、戦争に誘い込んだ。

分かるだろうか。第二次世界大戦は、第一次世界大戦が生んだ悲劇や、白人の野望が原因だ。

 

君達が戦っていく相手はそんな人々だ。

気弱な日本人の日本社会なんかとは全然違う。

もっと恐ろしく狡猾な世界だ。

 

無理に怯える必要はない。だが心しておいてほしい。

親や教師に聞いて欲しい「努力の話」

 


「もしテストの点が悪くても、努力してる奴はその努力を認める。」

 

そんな言葉を誰しも一度は聞いたことがあるでしょう。

学校の教師は好んでこの言葉を使いますよね。

ただ一つ言わせてもらいましょう。

 

これは確実に間違いです。

 

そもそも努力なんて他人に分かりようがありません。

しかし日本では努力は他人が評価するものとされています。

もう無理だ。と言っている人に対して尻を叩くのです。

無理だと言ったら無理なのです。

それに対して叱咤するなど死ねと言っているようなものです。

そんなんだからアピールがうまい世渡り上手だけがうまくいき、そいつらが仕事が出来ないせいで日本が停滞しているのです。


そして言いたいことはもう一つあります。

誰だってやれば出来るのです。

それでも、努力しているけど出来ない。という人がいます。

それは努力の方向が間違っているのです。

けれどそれに対して

 

「もしテストの点が悪くても、努力してる奴はその努力を認める。」

 

なんて肯定してしまえば、努力の方向を正すことをしなくなってしまいます。

きっとその人は一生成功できません。

自分はやっても出来ない。そんな劣等感に苛まれてしまうでしょう。


学校の教師がその位置にあぐらをかいて適当なことを言うからこうなるのです。

思春期の10代は本当に色んなことを考えます。

荒唐無稽なことから大人顔負けの認識力を持つこともあります。

だから学校の教師は哲学者よりももっと考えを深めるべきです。

誰よりも世界や人に詳しくなるべきです。

正直なところ、僕が出会ってきた教師のほとんどは大したことありませんでした。

両親も大したことないと思います。

だから子供に舐められるんですよ。

学校では教えてくれない世界の話

人の世は争いを繰り返してきました。
それは今でも変わりません。
今も世界のどこかで戦争しており、確実に誰かが死んでいます。

 

こんなに科学が発展し、今や世界を覆わんとするインターネットによって思想が共有されても何故か争いが絶えない。
こんなに豊かな時代なのに、今も貧しくて飢えている人がいる。
不思議だと思いませんか?

 

そう、争いも、貧困も、誰かによって作られているものなのです。
太平洋戦争はアメリカが東アジアの市場を手に入れるために日本が邪魔だからやった事です。
対テロ戦争、正義の戦争を掲げて中東で起こっている戦争は、金融マフィア達が自分達が作ったものです。
戦争をすれば軍事産業や建設業が儲かります。
そのために9.11をでっち上げました。

 

作られた貧困は更にタチが悪い。
世界最貧国マラウイを例にとってみましょう。
マラウイはかつては決して最貧国と呼ばれるような国ではありませんでした。
しかし、あまりにも不自然な出来事の連続で叩き落とされたのです。

ドルを基準に固定為替で一定の価値を保っていたマラウイの貨幣は、アメリカからの圧力をそっちのけで固定為替を掲げていた大統領の謎の死後、親米の新大統領の就任で変動為替に変わり、価値が大幅に下落。
マラウイの国際的競争力は無くなりました。
そして世界銀行からの貸付、これでマラウイから搾取する構造が出来上がりました。

 

マラウイで最も問題とされているのは食料です。
いくらマラウイが貧しくても、国内ではお金を使わない物々交換や、それぞれの家族で持っている畑から採れる作物で、国民はなんとか暮らしていました。
マラウイでの主食はトウモロコシですが、欧米から収穫量の高い品種が入ってきました。
確かにその品種はたくさん実を付けましたが、土地が枯れてしまい、その後は栽培できませんでした。
そこへ欧米から化学肥料が入ってきました。
これらはセットで国民の必需品となりました。
しかしマラウイの貨幣価値は最低、輸入には莫大な費用がかかります。
ここでも搾取の構造が出来上がりました。

 

他にも地球温暖化やそれによる海抜上昇などは全てデマであるという話もあります。
教科書に載っていることなんて全くアテになりません。
僕たちの常識は全て誰かの都合のいいように作られたものです。

 

この世界はこんなにも悪意で溢れています。
我々の想像もつかないような悪意でこの世界は動いているのです。

 

これらの話を信じるかはあなた次第です。
ですが覚えておいてください。
少なくともあなたは搾取される側にいます。

 

自殺したい人へ

どうもこんにちは、ジャンカーという者です。

 

このページを見ている人は、きっと凄く死にたくてたまらないのでしょう。

どうぞ死んでください。僕は止めはしません。

ただ、この後に少しだけ僕の話を聞いてから死んでください。

 


まず、あなたは何故死にたいのですか?

 

いじめられた?虐待された?恋人にフラれた?仕事が辛い?それとも仕事が無い?

 

理由は様々でしょう。詳しくは僕には分かりません。

ですが、一つだけ言えることがあります。

 

人は社会に生きる動物です。なので社会の役に立つことを喜びとして感じます。

もっと身近な例で言えば、人の役に立つことが喜びなのです。

つまり人から必要とされなければ、自分を肯定できません。

 

今あなたは誰からも必要とされていないのでしょう。

自分の価値が見出せなくて、生きるのが辛いのでしょう。

僕もそうです。死にたくて死にたくてたまらない。毎日が辛いのです。

ですから死にましょう。みんなで楽になりましょう。


でもその前に皆さんにやって欲しいことがあります。

 

誰でもいいので助けてあげてください。

自分より未来がある子供を1人以上助けてあげてください。

殺されそうになったら盾になってあげてください。

凍えていたら自分の服を脱いで着せてあげてください。

 

あなたのおかげで少しだけ未来が良くなります。

そのせいであなたが死んでもいいでしょう。

だって、どの道あなたは自殺する運命だった。

何も生み出さないハズのあなたの死で、未来ある子供が救われるのです。

誰からも必要とされなかったあなたが誰かの為になったのです。

これは素晴らしい最期だと思いませんか?

そうと決まれば、今からでも子供たちのために何かしてきてください。

 


少なくとも、子供たちから必要とされますよ。